mkrhasegawaの釣りブログ

Surfing&Fishing muragonでは釣り関係オンリーに変更します。

ACCEL(オフィスアクセル) スーパーコートBPは最悪

ACCEL(オフィスアクセル) スーパーコートBPは最悪。


今までもオフィスアクセルのウレタンコートを使ったいた。
ウレタンコートMJ+、LR等多少厚くコートされるが大きな問題は無かった。


先日それが固まってしまったため八王子のキャスティングでACCEL(オフィスアクセル) スーパーコートBPなるものを購入。店員さんの説明だと硬いコートが可能ということで本製品を購入した。


フラット用の新製品ルアーたちをドブ漬け。


ドブ漬け後、つりさげているとなんだか塗装がブツブツしてきた~!
良くみると塗装が浮いている。。。。。
それもルアーの塗装が・・・・・


この製品についてよく調べてみると、「多層コーティング時は、下の層を溶かして一体化」・・・・・店員言ってないぞ!


もう絶対に使えない!
アンリパ・DUO・その他・・・・・
総額8千円の被害!


もう二度とACCEL(オフィスアクセル)製品は買わない!
なぜこんな商品を販売しているのか理解できない。


くれぐれも釣具屋さん扱わないでください!
多分日本各地で被害者続出すると思います。

Rearth SW ウェイダーFWD-0210 サーフ専用 新世代超軽量ウェイダー2017年モデル

メーカーページから抜粋です。


ターゲットを追い求め、時には数キロ先まで移動を繰り返すサーフの釣りにおいて 理想とするのは軽く、蒸れず、歩き疲れないウェイダーです。 リアス・リミテッドサーフウェイダーを開発するに当たり目標としたのは 疲労ストレスを軽減し、動きやすくスタイリッシュであること。 従来の形状から、より進化させリアスR&Dと共同開発した専用ブーツを採用いたしました。 結果、全体重量50%の削減に成功(当社比) ついにアングラー待望のウェイダーが完成いたしました。


素材はポリカーボネート系防水透湿素材×ネオプレーンの2タイプを使用しており、上部が透湿素材、下部が4mmネオプレン。更に2017年モデルは4レイヤーから5レイヤー仕様に変更しました!


カラーはGRY×BLKのみとなります。太ももから下がネオプレンのため、スリーシーズン使用可能です。また、厳冬期に下半身だけ入水するアングラーにも好評です。


こちらにもA.C.T(当社技術の解剖学的裁断)を採用しているのでムダな、だぶつきがなく屈伸してもツッパリ感はまったく感じません。   全重量においては、従来のウェイダーの約50%の軽さ!
まるでウェイダーを履いていないかのような着用感は、従来製品になかったものです。


そして、2016ウェイダーから採用の「SP BOOTS」 サーフウェイダーの常識をくつがえした軽量感とその履き心地。また2017年モデルからはブーツ本体にラジアルを施し、水切れもバッグン。障害物によるケガなどを防ぐ二重構造のラバーソールを採用。ソール形状は砂離れのよいアウトソールを採用しました。数キロランガンしても足ズレもなく、そして疲労が蓄積しないエア感が特徴です!


水圧による足の甲への圧迫感もネオプレーンラバーが吸収してくれるため、長時間の入水でも足が痛くなることがありません。このラバーソールは、弊社サーフ部門などでも採用しており、既にマリン部門で実証済み。従来のウェイダーブーツと比べ、サーフにおける基本性能が非常に高いことから、この度リアスウェイダーにも採用いたしました。

さあ~先日届いた、サーフ専用 新世代超軽量ウェイダー2017年モデル Rearth SW ウェイダーFWD-0210をインプレしてみます。


まず始めにSサイズがありません!
私の身長は165cm・体重60kg・足のサイズ26cm・・・・メーカーMサイズだと許容範囲外(少しだけど)です。この当り国内メーカーさんならゼミオーダーできても的な!


しょうがないのでMサイズを購入してみました。
試着した感じはやっぱりデカイ!
でも冬のサーフは寒いので衣服モコモコだったら何とかなりそう。
肝心なウエットブーツの履き心地は、正直言います。もう少し底が厚くてもいいと思います。西湘みたいな玉砂利サーフでは少し気になります。でもサーフを歩く感じは非常に軽く、この辺はPR通りです。
どこまでもストレス無く歩けます。
ランガンする方には最高です。
膝上部からのハイブリット・ウエット素材も柔らかい素材で適度な厚みがあるので立ち込んだ時に感じる圧迫感も少なかったです。
今までも比較的高額な3レイヤーブーツフットだったのですが、4時間のサーフランガンを終了して感じたことは疲れが少なかったこと、腰が痛くならなかったこと、乾かしたら直ぐに乾いたことなどなど・・・
結論から言うと
サーフ用ウェイダーでは多分最高点だと思います。


追記します。
前回少しブーツ部分が薄く感じたのでウエット素材のソックスを履いてサーフに出撃してきました。最高な感触です。全く疲れません!
本当に驚きです。
快適なサーフ生活です。
もっと早く買えば良かった!


青物の襲撃を受けて楽しい釣りです。


本命は波裏でバラシましたが・・・・・何か?(爆)











Rearth リアスリミテッドサーフウェーダーハイブリッドRS FWD-210

いろいろ検索して良さそうなサーフウェーダーを見つけた。
Rearthリアスっていうもともとサーフィン用のウエットブーツを作ってるメーカーらしい。
勿論メイドインジャパン。
今使ってるウエーダーが少し浸水するので思いきって買ってみた。

今年モデルのリミテッドサーフウェーダー、しかも大好きなハイブリッドタイプ。
今年モデルから5レイヤーにグレードアップされ、到着後の試着では僕の体には少し大きいいが結構良い感じです。
ブーツフットより軽くしなやかです。
デビュー戦が待ち遠しい。